Yamotty Blog

プロダクトマネージャーの雑記

2013/11/18 Send Ai for Startupにて講演してきました

仙台「日本で一番企業率の高い街になる」宣言にて講演をしてきました。

仙台市やカタール基金の運営を行うImpact Japan、そして仙台のコワーキングスペース運営やスタートアップの人的支援を行うMAKOTOらが主催した「Send Ai for Startup」
http://instagram.com/p/g29jyNvNyd/


若林区の能-boxというクリエイティブスペースにて起業家や起業家サポーターを収集しての基調講演が行われ、私も呼ばれて、イノベーション事務局代表として10分ほどのピッチを行ってきました。イノベーション東北のマッチングというシステムは、東北の事業者に「アウトソースする機会を創る」ことと、「今まで無関係だった人と出会う機会を創る」ことを通じて、変化を生み出すプラットフォームだ(と個人的に信じて動いている。プロジェクトの公式メッセージではない)。

イノベーションとは、不確実だったり不確かだったり、それまで無縁なものと無縁なものとの組み合わせで起こるものと思っている。そうでもなければ「非連続的な変化」など起こりはしないだろう。そういう意味で、知らない人同士、プロフェッションの違う人同士を無理やりつなげてしまうこのマッチングというシステムは、もしかしたら本当にイノベーションを起こす装置になるかもしれない。その可能性を最大限引き出し、潰さぬように育てるのが、僕のようなコーディネーターの役割だと思う。

そんな思いを込めて、話す予定だったのだけれど、実態は準備不足で消化不良。お灸をすえられて、いい機会でした…(友人もたまたま来ていました)

でも、この場で新たなつながりに恵まれ、明日から早速アポが3件。リレーションの力と、繋いでいただいた人やこれから出向く人へのリスペクトを払い、丁寧なコーディネートを心がけます。

それはそうと、コンパクトで、人のつながりが見えていて、そして復興という文脈のおかげもあり起業インフラが急速に整い、外部からの視線も熱い仙台。これは近い未来、また戻ってくるだろうなぁと確信しました。