読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamotty Blog

プロダクトマネージャーの雑記

2014/5/18 ひと月ぶりに筆を執る→大したことがかけない

(久しぶりに筆を執ったら、文章に読みやすさもまとまり感もないという体たらく…仕事ばかりしていてはダメじゃのう)

人付き合いを考えている

うまくいく結婚とそうでない結婚。うまくいく人付き合いとそうでない人付き合い。他者との関係値を親しくするor近しい状態をキープするための要素は共通だなーと感じるに至る。ちなみに「近しい状態」というのは「お互いの無数にある価値観のうち、複数を理解していて、そのうち個々にとって重要度の高い価値観が共有・理解されている状態」と勝手に定義する。以下若造の戯言です。

  • 人との関係値を近しくするor近しい状態をキープしたいなら、大前提はコミュニケーションの頻度を最大化することである。ただ、前者のケースでは、自分の限界の3倍位コミュニケーションを取ったほうが良い。
  • 連続的コミュニケーションは、相互の価値観を理解するのに役立つ。ただし、価値観は「パンのどの部位が好きか」から「宇宙はどうあるべきか」くらいまで広がりがあるので、無限でもある。大事なのは、目の前の相手が”いま現在何を重要と考えているのか=コア”を知ることである。
  • 相手のコアが1.自分と一致しているのか、2.ずれているのかを確認する。1のケースなら、ハッピーだから、そうあり続けられるように継続し続ける。ただし価値観は変化し続けることは忘れてはいけない。2のケースの場合、分岐は3つある。

 a. 妥協する(ずれたまま、付き合う)
 b. 自分のコアを変える
 c. 相手のコアを変えさせる

  • ちなみに長期的な関係を前提にすると、aは実は選択肢から外れる。と思う。bとcは、どちらかがどちらかに合わせて変わる必要があるという話。変な話、彼女の大好きなパンの耳だけを食べる生活を、あなたも愛しなさいということになるのだけれど、長期的な近しさとはそれがないと成立し得ない。と思う。ほんとかな。

【結論】

  • 人のコアは絶えず変化する。良い関係値を築くというのは、お互いの価値観にあわせて、自分ないし相手を変化させることである。
  • そして相手に変わってもらうより、自分が変わるほうが簡単でもある。

‐ 長期的なパートナーでありたいなら、お互いに変わり続ける心意気が大事。

島根県の地域おこし協力隊「先輩から後輩への心得集」がおもしろい。

そもそも、地域おこし協力隊とはなにか、については(参考はこちら)。総務省「地方に行きたいの?じゃあ仕事がつくれるまではこのお金で生活創りながら地域活性化に向けて動いてちょ」というのがざっくりした制度の姿だろうか。
最終的な管轄は地方自治体になるので、隊員の所属は地方自治体にひも付きます。実際に利用して北海道の有るエリアに入り込んでいる知人の話を聞くと、公務員のように明確な業務を持つわけでなく、まずは定住し、地域との関係地を築きながら地域が抱える課題を見つけて、自分なりにアプローチしていく事が求められるとのこと。青年海外協力隊と同じように、この制度を利用するワカモノの裁量・熱量によるところが大きいみたいです。
※ちなみに復興の現場に、この制度を応用した復興支援員制度というものがあり、スキームとしてはほぼ一緒。

そんな協力隊の心得集が、コミュニティを作りの第一歩目ノウハウ集として、おもしろい。
http://www.pref.shimane.lg.jp/chusankan/shien/chiikikokoroe/kokoroe.data/H26chiiki.pdf

例えば以下の様な設問に対する知見がまとめられている。嫁に来い、は笑い話じゃなくて、本当にあるだろうなぁ。

  • 地域のしきたりや、出るべき行事がわかりません。
  • 地域に頼れる人・相談できる人がいません。
  • 地元の方との人間関係づくりで、何を意識すればいい?
  • 「嫁に来い」としつこく言われます。

最近思う確からしいこと

文化とは習慣である、ということを最近よく思う。すなわち、連続する行動の積み重ねからしか産まれない。
そして、文化とはコミュニティの構成要素の一つであり、すなわちコミュニティとは行動の積み重ねは大前提になる。

最近読んでいる本。

このあたり。あまりまとまった時間が取れていない。。ぐっ。。
テーマは、食文化をいかに作るか、です。自分の子供に素敵な食文化を残したい・作りたいと思って。

地域を変えるデザイン――コミュニティが元気になる30のアイデア

地域を変えるデザイン――コミュニティが元気になる30のアイデア

ソーシャルデザイン実践ガイド――地域の課題を解決する7つのステップ

ソーシャルデザイン実践ガイド――地域の課題を解決する7つのステップ

食の世界地図 (文春新書)

食の世界地図 (文春新書)

人間は料理をする・上: 火と水

人間は料理をする・上: 火と水

人間は料理をする・下: 空気と土

人間は料理をする・下: 空気と土

キッチンの歴史: 料理道具が変えた人類の食文化

キッチンの歴史: 料理道具が変えた人類の食文化

自然農法 わら一本の革命

自然農法 わら一本の革命

CSA 地域支援型農業の可能性―アメリカ版地産地消の成果

CSA 地域支援型農業の可能性―アメリカ版地産地消の成果