読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamotty Blog

プロダクトマネージャーの雑記

国内子育てサービス中心にサイトのトラフィックを調査をしてみた(EC・メディア)

↓こちら公開情報ベースでも面白いリサーチだなと思い、

国内ファッション企業を中心に通販サイトのトラフィックを調査をしてみた(2015年1月)【後編】 - EC Hack ”ファッション通販/WEBマーケティングのネタ帳”

自社周辺の環境(子育てEC・メディア)まわりを同じように抽出・調査してみました。なお抽出先は僕の思いつくところを適当にチョイスしただけなので、「あそこはどうなの」とsuggestあれば嬉しいですね。

国内子育てサービスサイトアクセス状況詳細

f:id:yamo3:20150221140818p:plain

※語句説明
Rank→similarweb上でのJapan Rank
Time On Site→平均滞在時間
Page Views→平均PV数
Bounce Rate→直帰率

※見づらさご勘弁を。

※Tableにも記載されていますが、mobileのアクセスは一切含みません。自社smarbyはPCwebではサービス展開をしていないので数字がこの程度なのは許容範囲です。

気付き

メディアサイド

いわゆるSEO特化型はPV、直帰率ともにかなりきつそうだなと。コンテンツにファンがついていないためユーザーを回遊させられていないのが数字に出てきます。
バーティカルメディアは市場がバブっていることも有りあらゆる分野で立ち上がっていますが、ママや子育て分野はスタートアップ界隈に「親」という属性の人種が少ないために比較的空いています。そのなかで一抜けにスケールするのはどこなのかと、業界的にもアテンションが高まっているように感じます。ただ多くのアップサイドは見えており、いわゆる広告でマネタイズするモデルにはなりにくいでしょう。

flashsales

flashsalesで子育て世代に深くリーチしているサービスはまだない(というか、flashsales自体が日本に深く刺さっていない)のであくまで比較程度。先日mixiに完全子会社化されたMuse&Co. は集客にかなり苦労している印象。MuseがターゲットにしているF1層mixiのもつサービスの顧客とのシナジーというのも考えづらく(多くはモンストユーザー)、今後の展開はどうするのかは気になるところ。主題と逸れるのでこれ以上はコメント控えます。

子供服EC

正直「子供服EC」というカテゴリは日本では弱く、「大人ブランドのキッズライン」「amazon/楽天/ZOZOのモール系」などがトラフィックを独占しているように思うのですが、それ以外で、ということで適当に挙げてみました。といいつつfelissimoは女性アパレルがメインなのですが。
この辺りの結果はEC HACKさんでも少し示唆が有りましたが、アパレルブランドのEC→ファンに支えられPV、直帰率が良いが新規集客は難しそうだなと。RyuRyuさんは独自サイトでかなり頑張っている印象。
とはいえこの分野でママ・パパに深く指しているサービスはなく、まだまだ分散しているのが事実ですね。

分析の基本は縦(時系列)と横(競合比較)なので、縦もやってみたいですね。時間かかりそう。。


ご意見、ご指摘、激励があれば、こちらまで。
メール:y.m.gml23☆gmail.com
Facebookhttps://www.facebook.com/masatake.yamoto