読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamotty Blog

プロダクトマネージャーの雑記

Markting出自のプロダクトマネージャーによる開発スピードアップの処方箋

f:id:yamo3:20160408075843p:plain

プロダクトマネージャーの日本最大のコミュニティPMJPオフにてLTしてきました。

Product Managers Japanは、主にWeb業界のプロダクトマネジメント・オーナーシップに興味を持つ人々が集まるコミュニティです。現職のプロダクトマネジャーはもとより、エンジニア・デザイナー・プランナーなどなど、様々なバックグラウンドを持つ人々が集っています。プロダクトマネジメントは製品と事業のコンテキスト抜きでは語れません。しかしその性質上、オフラインでしかできない話が多い領域でもあります。このオフ会ではまずそういったコンテキストを共有し、その上で実際の事例や直面している問題について話すことを目的としています。

pmjp.connpass.com

マーケターPMによるプロダクト開発の加速

speakerdeck.com

  • オーディエンスを考えた際、PMに関心のあるエンジニアやエンジニア出身のプロダクトマネージャーが多かったので、自分のエッジが立てられるコンテンツはなんだろうと思い「マーケター出自のPMとして開発の現場にできたこと」をテーマにセット。
  • 事前に同僚にプレゼンをレビューしてもらった所、エモい成分や客観と主観の二項共存が強調されていたほうが面白いとコメントを貰ったので、具体的な手法より精神論成分が多くなった。

共通の悩み

いろんな方に話を受けたが、

プロダクトマネージャーは育てることができるのか?

という問が非常に多かった

個人的な結論として、

  • (前提)PMはgeneralistでありながら専門職という顔を持つ
  • 育成は可能
  • 徒弟制がマッチする。良いPMは良いPMの元で育っている

と考えている。

次回

今回40人の応募枠が数分で埋まったこともあり、次回は100名規模での開催を予定と丹野さん (id:tannomizuki)よりアナウンス。 興味のある方は以下よりSlackグループ #pmjp へ。

Join Product Managers Japan on Slack!

SNS

丹野さんのレポートも。